マタニティフォトのオススメの時期はいつ? 実は妊婦さんによって変わるんです♡

マタニティフォトの時期に関する記事のアイキャッチ画像。手紙を持った妊婦さんがうつむいている様子。花かんむりをかぶって撮影したマタニティフォト。バックのグリーンがとてもきれい。中にはLOVEという文字がある。

海外では広く知れ渡り、もはや「当たり前」に浸透しているマタニティフォト。

ここ数年、日本でも妊婦さんの間で話題になり、人気を集めています。

我が子が宿るお腹の丸みによる女性らしい曲線美はとても神秘的。

家族にとって、素敵で貴重な記念のフォトになりますよね。お腹の赤ちゃんと一緒に撮る初めての家族写真を残したいというママが日本で急上昇中!

ところでマタニティフォトの撮影時期っていつ頃がベストなんだろう?早すぎてもお腹が目立たないし、臨月ギリギリに撮影するのも不安・・とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、マタニティフォトを撮影するのにベストな時期を詳しくチェックしていきましょう。
⇒heArtkoruのマタニティフォトメニューを確認してみる

マタニティフォトとは?簡単におさらい♡

マタニティフォトとは、妊婦さんのまあるいお腹を撮影する記念フォトのことです。

海外セレブがSNSで投稿したことをきっかけに流行し、ここ数年日本でも広く認知されるようになりました。

まあるい妊婦さんの曲線美は限られた期間しかない神秘的な姿です。

また、マタニティフォトはお腹の赤ちゃんとの初めての記念写真になる特別なイベントですので、芸能人を中心に多くの方が撮影されています。

マタニティフォトの撮影時期は妊娠8〜9ヶ月(32〜36週)頃がベスト!

マタニティフォトを撮影するのにベストな時期は、妊娠9ヶ月に入った頃と言われています。

お腹の出方は人それぞれ個人差はありますが、妊娠9ヶ月に入る頃にはほとんどの場合、一目で『妊婦さん』と分かるくらいお腹は丸みを帯びているので、マタニティらしい美しい曲線美を撮影するのにベストタイミングなのです。

とは言え、体調やお腹の出具合は人それぞれで違うもの。3Dベリーペイント専門サロンのhaArtkoruでは、妊娠7ヶ月〜臨月(28〜36週)の妊婦さんやそのご家族が、ママのお腹に宿る小さな命の誕生を心待ちに幸せいっぱいの笑顔で素敵な記念写真を撮影していかれます。

ただ、9ヶ月後半に入ってくると身動きが取りづらくなってきたり、人によっては、予定より早く赤ちゃんが降りてきてしまう場合があるため、医師から『安静に』と言われてしまい、撮影が難しくなる場合もあります。

そのため、フォトスタジオの予約は、7〜9ヶ月頃を目安にするのが良いですね。

1人目の妊娠の場合は、2人目の妊娠よりお腹の出方がゆっくりしている場合が多いので、無理でなければオススメは8〜9ヶ月頃(32〜36週)がオススメです。

妊娠2人目のマタニティフォトの撮影時期はどうするの?

夫婦がキスをしているマタニティフォト。これから生まれてくる赤ちゃんのエコー写真が写っていてとても幸せそう。
先程少し触れましたが、1人目の妊娠の場合と2人目の妊娠の場合で、お腹の大きくなるスピードが変わることも多くあります。『1人目よりも2人目の方がお腹が大きくなるのが早い』と感じる妊婦さんは多いようです。

そのため、2人目のマタニティフォトは、1人目の撮影の時期より少し早めても良いかもしれませんね。

撮影時期は、7ヶ月頃(28週)から十分マタニティフォトが撮影できるくらいお腹がふっくらしている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

出産直前は、上の子のケアや出産準備でバタバタしてくることも増えるかもしれません。

臨月より少し早めて妊娠7〜8ヶ月(28〜34週)のご自身の体調が良く、無理なく撮影に取り組めそうな時期をご家族と相談して決めても良いと思います。

heArtkoruでの撮影は、上の子と一緒に撮影が可能※なので、お子さんの状態を考慮したマタニティフォトができます

撮影の際はいつもと違う雰囲気に緊張してしまうお子さんもいるので、お子さんがリラックスできるようなお気に入りのおもちゃやお菓子などを用意しておくことをオススメします。

ぜひご家族と新しい命の誕生を楽しみに、笑顔のマタニティフォトを記念に残していただきたいですね。
※heArtkoruでは、ママさん以外の大人(小学校4年生以上)が2名以上の参加や撮影希望の場合は+5,000円を頂戴しております。また、子供様が小学校4年生以下の場合は、一人当たり5,000円(税抜)ずつ頂戴します。(子供や大人が、撮影なしで、サロンに来店するだけでも+5,000円(税抜)かかりますのでご注意ください。)
⇒heArtkoruのよくある質問はこちらから

双子ちゃん妊娠中のマタニティーフォトの撮影時期は?

お腹でハートマークを作っているマタニティフォトの写真。かわいい笑顔と緑の花かんむりがとても印象的。
双子を妊娠している場合は、ひとりだけを妊娠している場合と妊娠の経過が異なります。

双子妊娠では、まずはママのカラダの経過が良好であることが何よりも大切です。

何も問題がなく体調も良好であれば、双子妊娠の場合は妊娠中期(妊娠5ヶ月に入る16週から妊娠7ヶ月終わりの27週)に行うのが良いと言われています。

双子の場合、お腹の出方は2人分なので、妊娠6ヶ月でも十分マタニティフォトが撮影できるほどお腹がふっくらしていることも珍しくありません。

ご自身の体調やお腹の出方など色々考慮して、マタニティフォトの予約時期は妊娠後期を待たず、比較的体調の良い妊娠中期にするのが良いかもしれませんね。

ところで、マタニティフォトはどうやって撮影したらいいの?

マタニティフォトは、自分でセルフ撮影する方法と専門サービスを使ってプロに撮影してもらう方法があります。

セルフでマタニティフォトを撮影する場合

セルフ撮影したい場合は、スマートフォンを使う方が多いでしょう。

そこで、今回はスマートフォンで上手にセルフ撮影するコツをご紹介します♡

  • 自撮り棒ではなく、三脚を使って両手が使えるようにして撮影する
  • 背景は白系の壁紙やレースにすることで、お腹のラインがわかりやすくなるようにする
  • 室内の照明ではなく、自然光を使って柔らかい雰囲気を演出する
  • 何枚かは逆光で撮影して神秘的な雰囲気を演出する

また、セルフで撮影する場合は気にせず何枚もマタニティフォトを撮影することができます

毎月撮影することでお腹の変化を残しておくと素敵な記念になりますよ

プロにお願いしてマタニティフォトを撮影する場合

プロにお願いする場合は、専門サロンやスタジオで撮影する方法と出張でカメラマンに来てもらう方法があります。

オススメは専門サロンやスタジオでの撮影です

後期つわりに悩む妊婦さんは、自宅まで出張してもらうのもいいですが、専門サロンやスタジオは撮影でもっとも大事な光の入り方が変わってきます。

光の入り方でマタニティフォトの仕上がりは何倍も変わってきますので、体調に問題がない方は、ぜひ専門サロンやスタジオでの撮影にチャレンジしてみてくださいね!

また、専門サロンやスタジオでは背景を真っ白にすることで、マタニティフォトをより神秘的に撮影することができます。

自宅撮影だと、どうしてもマタニティフォトを家で撮った感が出てしまうので、専門サロンやスタジオでの撮影をオススメします!

マタニティフォトをプロにお願いするといくらくらい?

専門サロンやスタジオによって異なりますが、おおよそ撮影相場は30,000円くらいです。

また、金額だけでなくサービス内容も確認しましょう

例えば、カット数はどれくらいか?撮影データ枚数はどれくらいもらえるか?衣装や小物類はレンタルできるか?といったところはチェックしておきたいポイントです。

ちなみにheArtkoruでは30,000円以上するマタニティフォトのプランがベリーペイントのオプションとして5,000円で受けられます

マタニティフォトと合わせてマタニティペイントもやってみたい方におすすめですよ♡

⇒マタニティフォトのプランを見てみる

衣装やポーズなど撮影の当日はどうしたらいいの?

衣装については、チューブトップでお腹を出してお姫様みたいな演出をする人もあれば、Tシャツデニムでカジュアルに私服っぽくする人もいます。

また、サロンでレンタルするだけでなく、私服の持ち込みをOKにしているサロンもありますので、こだわりたい方はぜひ、撮影サロンに相談することをオススメします♡

マタニティフォトの衣装については、より詳しく解説している記事がありますのでご覧ください!

⇒マタニティフォトやベリーペイントの衣装!マネしたい♡人気のおしゃれな衣装をご紹介!

マタニティフォトは夫婦で撮るべきなの?

マタニティフォトの写真。お腹にまっかなサッシュベルトと手紙が写っていて、とてもおしゃれ。パパとママからのメッセージに感動。
マタニティフォトを撮る時、ママとお腹にいる赤ちゃんだけが写るのか、パパも一緒に写るのか悩みますよね。最近では、パパも一緒に写ることが多くなっていますが、もしかすると旦那さんは写真を撮ることを恥ずかしくて嫌がるケースもあるかもしれません。

全てのショットに夫婦で写る必要はないですが、せっかくの記念なので、1枚だけでも夫婦と赤ちゃんで撮影することをオススメします。

きっと生まれた赤ちゃんが大きくなって写真を見たときに、自分の誕生をパパとママにとても楽しみにしてもらえていたことが伝わると思います

実際にheArtkoruでも撮影時には恥ずかしがっていたパパさんも、撮影が終われば「良い記念になった」と喜んでくれる方が多いです。

マタニティフォトは妊娠中にしか撮ることのできない貴重な写真ですし、妊娠中ならではのありのままの姿、これからパパ・ママになる夫婦の愛情溢れる表情を記念として残すもの。

これから生まれてくる赤ちゃんのことを思いながら、ぜひ楽しくワクワクして撮影に臨んでいただきたいです。

赤ちゃんにとっても、大きくなって写真を見たときに、『こんなにも愛されて望まれて生まれてきたんだ』と両親の愛情を感じるきっかけになるはずです。

この世でたった1つの宝物になるでしょう!恥ずかしがらず、リラックスしてお腹が目立つポーズをとって思い出作りをしてくださいね。

赤ちゃんが生まれると、慣れない育児や寝不足・・大変だと感じたり、ついイライラしてしまう時もきっとあるかもしれません。

そんな時、ふとマタニティフォトを見て、その時のことを思い出せば、我が子が宿っていた時のことが蘇り、気持ちも安らいで落ち着いた気持ちになるはずですよ。

マタニティフォトの撮影時期に関するまとめ♡

今回ご紹介した内容のまとめです♡

  • 1人目の撮影は8〜9ヶ月目がオススメ
  • 2人目以降は少し早めて7ヶ月目くらいからOKな場合も!
  • 双子の場合は5〜7ヶ月目が最適
  • 撮影はやっぱりプロにおまかせするのがオススメ♡
  • 料金だけじゃなくてサービスの内容も確認しよう!
  • 衣装はサロンと相談して♡こだわるなら私服持ち込みも!
  • せっかくの家族写真!パパも一緒に撮影しよう♡

いかがでしたか?

マタニティフォトは赤ちゃんと撮る初めての家族写真!素敵な記念になると良いですね。

3Dベリーペイントをご存知ですか?

ベリーペイントのオススメの時期のアイキャッチ画像。白とピンクと水色の色とりどりのパステルカラーのお花が可愛くおしゃれに彩っています。中にはうさぎと鳩が描かれています。
妊婦さんの安産祈願であるベリーペイントは、まあるいお腹にペイントを施すマタニティアートの一つです。しかし、お腹を塗りつぶすペイントはペイントの時間がかかることもあり妊婦さんに負担がかかってしまうの可能性があります。

そこで、妊婦さんの体調面での負担が少なく短時間で可愛くおしゃれなペイントができるよう考案されたのが 3Dベリーペイントです。3Dベリーペイントはデコパーツやお花たちを使った立体のマタニティアートのことで、heArtkoruが世界で初めて考案しました。

通常のベリーペイントに比べて、ペイント時間を半分程度にすることができママさんの負担を減らすことが出来ます。 ママさんたちのことを一番に考えて、heArtkoruのスタッフみんなで生み出した3Dベリーペイントは、「とにかく可愛い!!」と評判をいただいております。

世界初の3Dベリーペイントでママと赤ちゃんの愛しい時間を思い出に残しませんか?

デザイン会社がプロデュースするheArtkoruは、全員が女性スタッフで、 助産師さん、看護師さんがおすすめする3Dベリーペイント・3D授乳ペイント専門サロンです。

3Dベリーペイントとは妊婦さんの体調面での負担が少なく、短時間で可愛くおしゃれなペイントができる デコパーツやお花たちを使った立体のマタニティアートのこと。
通常のベリーペイントに比べて、ペイント時間を半分程度にすることができお母さんの負担を減らすことが出来ます。

お母さんたちのことを一番に考えて、heArtkoruのスタッフみんなで生み出した世界初の3Dベリーペイントは、「とにかく可愛い!!」と評判をいただいております。

また、海外からのお客様、全国各地からの看護師さん助産師さんも大勢いらっしゃってくださいます

赤ちゃんが生まれて大きくなったら教えてあげて欲しい。 「あなたはこんなにも大切にされて、守られて、愛されて生まれて来たんだってことを。」


3Dベリーペイント(マタニティペイント)を確認する

SNSでもご購読できます。